パンダイラスト マモリスタイトル
祥泉針灸整骨院トップへ
祥泉針灸整骨院トップへ


所在地と地図へ
施設内紹介へ
スタッフ紹介へ
治療の流れへ
当院の特徴へ

スポーツ障害へ
テニス肘へ
腰痛と坐骨神経へ
骨盤のゆがみ頚性神経筋症候群
マウス症候群へ
肩こりの原因へ
頭痛の治療へ
むちうち症へ
事故後の治療Q&Aへ
うつ病とパニック障害へ


花粉症の治療へ
禁煙


マモリスへ

レーザー照射療法へ
高濃度酸素療法へ
舌診についてへ
鍼って?へ

健康グッズ紹介へ

新鎌ヶ谷院のページへ

スタッフ募集へ

リンク集へ

お問い合わせ


 私達の身体は、日常の生活習慣、仕事や家事によってバランスを崩し、知らぬ間にゆがみや捻れを生じています。
 健康のためなのに、バランスが崩れたまま運動しても、成果はあがらず、かえって身体を痛めてしまいます。
 筋肉を鍛えるには、身体の表面にある大きな筋肉(アウターマッスル)と共に、身体の深部にある小さな筋群(インナーマッスル)を強化する必要があります。

 そこで、当院では、治療と共に再発予防の為、マモリスを導入しました。


灰色マモリス写真 〜目次〜 黄色マモリス写真 赤色マモリス写真




インナーマッスルについて

 インナーマッスルは、骨と関節に近いところにあり、骨に付着している靱帯と共に、関節をしっかりと固定し、滑らかに動かす役割があります。反射神経に関係する素早い動きを司ることで、アウターマッスルをサポートしています。
 アウターマッスルには、大きな力を発揮して、それを維持する働きがあります。柔らかく軽快な動作をおこなうには、この2種類の筋肉のバランスが重要なのです。
 インナーマッスルは身体の外側から見えず、通常の運動では鍛えにくい性質を持っているため、トレーニングの方法が少ないのが現状です。
 目に見えて鍛えやすいアウターマッスルをいくら強化しても、インナーマッスルが弱くては、筋力のアンバランスから、スポーツはもちろん、日常生活でも、ささいなことで怪我をしやすくなります。



マモリスとは
ゼ写真ロポイント
 マモリスは、土台を小刻みに振動させる健康器具です。
 振動マシンは、宇宙飛行士の運動不足を解消し、骨密度を上げるために開発されました。現在では、主にダイエットや美容ために利用されていますが、日常よくみられる慢性の凝りや関節のこわばりの解消、健康の維持増進、疲労回復にも十分に活用できます。

 マモリスは、運動学的・解剖学的視点から改良され、骨格、特に骨盤のゆがみや捻れ(仙腸関節症)の改善、リハビリテーションの分野にも応用できます。
 垂直の縦振動は、安全に効率よく、インナーマッスルを中心に鍛えるには、最も有効です。
 しかし、従来の振動マシンでは、頭が振れて重心が不安定になり、腰や膝を痛める危険がありました。
 マモリスは、この欠点を特殊なプレート(写真)を使うことで、克服しています。
 この特殊プレートにより、骨格のゆがみや捻れが自然に矯正され、身体がもっとも安定する位置(0ポイント)に重心を置くことができ、安全確実に、心地よい振動が身体の奥深くまでくまなく伝えられるようになりました。

特殊プレート写真



マモリスの効果

 身体に適度な垂直縦振動を与えると、マッサージ効果から筋肉が和らぎ、血液循環がよくなります。
 通常の運動では鍛えにくいインナーマッスルにも効果があり、筋力のバランスを回復させ、姿勢を正し、柔軟な身体を作ります。
 特に女性にとって重要な骨盤は、多くのインナーマッスルに支えられ、腸や婦人科系臓器、血管や神経など重要な組織を納める器になっています。ここに捻れやゆがみがあると筋肉や神経に負担がかかり、凝りや痛みが生じるだけでなく、血管や臓器にも悪影響がおよびます。

 女性の場合、生理痛や不妊症ほか各種の婦人科系疾患、足腰の冷えが生じる場合が多くみられます。また、新陳代謝が低下して身体に脂肪が蓄積しやすくなります。

 骨盤のゆがみや捻れは、一般的な運動ではなかなか改善しにくいものですが、従来からの当院の治療と、マモリスの効果でより改善できます。

マモリス使用イメージ



 マモリスは、年令、性別に関係なく、適切に使用すれば、症状を緩和し身体の強化に役立ちますが、適切に使用しないと効果がないばかりか、健康を損なう可能性があります。
 ご使用にあたっては、スタッフにご相談ください。



使用料金

1回 (15分間): 500円

(治療と同時での使用時 : 1回 300円)



このページのトップへ


ホームへ