パンダイラスト

祥泉針灸整骨院トップへ
祥泉針灸整骨院トップへ


所在地と地図へ
施設内紹介へ
スタッフ紹介へ
治療の流れへ
当院の特徴へ

スポーツ障害へ
テニス肘へ
腰痛と坐骨神経へ
骨盤のゆがみ頚性神経筋症候群
マウス症候群へ
肩こりの原因へ
頭痛の治療へ
むちうち症へ
事故後の治療Q&Aへ
うつ病とパニック障害へ


花粉症の治療へ
禁煙


マモリスへ

レーザー照射療法へ
高濃度酸素療法へ
舌診についてへ
鍼って?へ

健康グッズ紹介へ

新鎌ヶ谷院のページへ

スタッフ募集へ

リンク集へ

お問い合わせ

  女性の腰痛の大半は、レントゲン撮影やMRIなどの画像診断で異常がないと言われます。また逆に、画像診断で脊椎の変化などが発見されても、それが痛みの原因とは特定できないため、根本的な治療ができません。
  当院の統計では、女性の腰痛の約80%が、仙腸関節症(せんちょうかんせつしょう)と関連します。

〜 目次 〜

 仙腸関節症(せんちょうかんせつしょう)とは?
 骨盤(仙腸関節)のゆがみと全身症状
 仙腸関節のゆがみの原因は?
 当院の仙腸関節症治療
 通院のめやす
 統計
 骨盤のゆがみチェック



 
 仙腸関節症は、骨盤のゆがみが原因でおこる腰痛で、10〜30代の若い女性に多くみられます。近年、整形外科分野では、骨盤輪不安定症、または、仙腸関節不安定症といわれ、注目さています。
 主な症状は、腰とお尻の辺りの痛みで、靴下をはく時などに腰を前にまげると痛みが強くなり、座っているより歩いている方が楽な場合が多くみられます。 重症例では股関節や足に痛みやしびれをともない、仰向きに寝られなくなります。
 右のレントゲン写真は、左仙腸関節症の女性の骨盤です。左腸骨が手前に捻れているため、恥骨が上下にずれ、骨盤全体の形がゆがんでいます。この方は、腰痛と脚(あし)の後ろがしびれていました。

バック



 

 骨盤の輪は3つの骨で構成されています。
 骨盤の中央に仙骨があり、その左右に張り出した腸骨と接合して仙腸関節を構成しています。仙腸関節は体の上下をつなぐ唯一の関節で、骨盤全体として、体を支える土台となる重要な働きを担っています。
 何らかの原因で、仙腸関節にずれや捻れが生じると、骨盤全体がゆがんでしまいます。骨盤のゆがみは、徐々に全身のバランスを崩し、頭痛や肩こりなど体の様々な部位に影響を及ぼします。骨盤は内臓を納める器でもありますから、ゆがみがあると、骨盤内の循環障害(おけつ)を誘発して冷えやむくみ、婦人科系の疾患にかかりやすくなります。
 顎関節の痛みや歯の噛み合わせの不良も、仙腸関節と深く関係しています。

体がゆがむと

〜「体のゆがみ」の継続から起こる症状、疾患〜

正常骨格図
(正常な姿位)
     耳鳴り
     冷え症
     生理不順
     生理痛

体のゆがみの継続

    O脚X脚
    膝の痛み
    足関節の不調
    足のむくみ
ゆがみ骨格図

(ゆがんだ姿位)
頭痛、肩凝り
上肢の神経痛
顎関節のずれ




子供の姿勢不良
腰痛症
坐骨神経痛
臀部の痛み
尻たれ
股関節の不調



バック



 

 特に扁平足が影響します。
 足底には3つのアーチがあり、土踏まずを構成して、足が地面に着く時の衝撃と捻れを和らげています。このアーチが崩れた状態が扁平足で、足の裏の2番目の指の付け根にタコができやすくなります。外反母趾も扁平足が原因です。
 扁平足になると、かかとの骨が内側に傾くために重心が不安定になり、歩く時など、体の動きに伴う衝撃と足の捻れが、仙腸関節に悪影響を及ぼし、骨盤周囲の筋肉や靱帯にも大きな負担がかかります。この状態が長期に続くと、仙腸関節にゆがみが生じて、痛みなどを起こします。
 インソール(靴の中敷)を使用し、足のアーチを保持しましょう。

 扁平足の他に、事故やスポーツの影響、股関節の疾患で発症する例もあります。女性は、妊娠時にホルモンの影響で骨盤周囲の関節が緩むため、ずれてしまう方も珍しくありません。

バック



 

 仙腸関節症は、関節のゆがみが原因で発症するため、痛みを取り除くだけでは、再発する例が多くみられます。
 当院では根本的な原因が何かを考え、総合的な治療を施します。


 また、特に痛みなどはないが、自分もゆがんでいるのではと、気にはなっていてる方、問診、ゆがみ具合の検査等だけでも、受けられます。日常生活での注意点、改善点や運動の方法などもお話します。

検査相談料: 月、火、金、土の午後2時半から、1回 2000円

鍼 治 療  鍼で痛みや筋肉の緊張を取り、血液循環を改善させます。
補助療法  テーピング、骨盤ベルト、インソール等で、体のバランスを安定させます。
運動療法  ストレッチなどで筋肉の柔軟性を回復させ、不良姿勢の自己矯正法を指導します。
 また、再発しにくい体を作るために、筋力トレーニングをお勧めしています。
 また、骨盤の安定に重要なインナーマッスルトレーニングのために、振動マシン(マモリス)を導入しました。

日常生活指導  日常の何気ない動作や生活習慣のなかに、骨盤のゆがみを悪化させたり、治療効果を半減させるものがあります。姿勢や生活習慣を正して、再発を予防しましょう。

バック



 

 痛みの強さや持続期間によって、治療期間が異なりますが、通常、週1〜2回通院し、3週間で改善がみられます。
 仙腸関節症は再発しやすいため、その後も定期的にチェックのために通院することで、再発予防できます。
 また、痛みで眠れない、仕事や家事ができないほどの重症の場合も、数ヶ月間の通院で症状が和らぎ、治療の継続と運動療法や生活習慣の改善で、完治が期待できます。

バック



 

 この統計は、H18年4〜6月に、初めて来院なさった仙腸関節症の方41人を、追跡、分類した結果です。41人、全て女性です。

年 齢  10代-3人 20代-4人 30代-21人 40代以上-13人
直接的原因
 姿勢(仕事などで長時間座った) 17人
 日常動作(荷物を持った、整理した)  5人
 事故(交通事故 転倒)  6人
 出産  3人
 スポーツ(走る、跳ぶ動作のある種目)  6人
 スポーツ類似動作 
  (バレエ、ダンス、ヨガで関節を過度に伸ばした)
 3人
根本的原因
 偏平足 31人
痛みの強さ
(10段階表示)
 3以下(軽症) 2人
 4〜5(中軽症) 11人
 6〜7(中重症) 17人
 8以上(重症) 11人
 完治までの
    治療回数
 5回以下 17人
 6〜10回 9人
 11〜19回 7人
 20回以上 8人
完治までの期間
(週1〜2回通院)
 3週間以下 16人
 1〜2ヶ月間 15人
 3ヶ月〜6か月 5人
 6ヶ月以上 6人
 治療中断(追跡不可能 5人
 来院までの
     腰痛暦
 1ヶ月以内 17人
 1〜6ヶ月以内 7人
 1年間 2人
 1〜10年間以上 16人
完 治 率  41人 92%
 3年以内の
    再発率
 2人   4%
  再発の原因:自宅でのストレッチを1か月以上休んだ。

 平成10〜19年6月までにご来院された多くの仙腸関節症の方で、男性はわずか2人でした。2人とも30歳代で扁平足、直接の原因はスポーツ(陸上競技、空手)による外傷、痛みの強さは中軽症、週2回の通院で4週間の治療期間で完治した後、再発はみられません。

バック



骨盤のゆがみチェック
 骨盤は、日常のちょっとした動作や姿勢の繰り返しによって、ズレてゆきます。日頃は何気なくやっていることや、体の変化を少し気にしてみて下さい。

バック



メールでのお問い合わせはこちらへ
メールへ




ホームへ