パンダイラスト
     

祥泉針灸整骨院トップへ
祥泉針灸整骨院トップへ


所在地と地図へ
施設内紹介へ
スタッフ紹介へ
治療の流れへ
当院の特徴へ

スポーツ障害へ
テニス肘へ
腰痛と坐骨神経へ
骨盤のゆがみ頚性神経筋症候群
マウス症候群へ
肩こりの原因へ
頭痛の治療へ
むちうち症へ
事故後の治療Q&Aへ
うつ病とパニック障害へ


花粉症の治療へ
禁煙


マモリスへ

レーザー照射療法へ
高濃度酸素療法へ
舌診についてへ
鍼って?へ

健康グッズ紹介へ

新鎌ヶ谷院のページへ

スタッフ募集へ

リンク集へ

お問い合わせ
〜 目次 〜

原因は何ですか?

危険因子

予防と治療

      



原因は何ですか?

 特に、中高年に発生率が高い疾患です。(表1 参照)
 当院の統計では、中高年男性の方は頚椎の変形と関係が深く、中高年女性の方は骨盤と背骨のバランスに誘発されています。
 若年層のテニス肘は稀ですが、頚椎の外傷(むちうちなど)と肩の故障から、二次的に発生するケースが多く見られます。

.

 表1:障害年齢
 腕の運動を支配する神経や血管の元は首にあり、背骨と肩を通して肘に至ります。テニス肘の病態は、背骨の老化現象など加齢変化を基盤として、背骨のバランスの崩れ、肘関節から手指の筋腱の使い過ぎなど、様々な要因が重なって、腕の血液循環と神経の働きが悪くなり、肘関節の疼痛が引き起こされると考えられています。(図1 参照)
- 左テニス肘レントゲン写真 -
 治療前(重度) 治療後
 単純なテニス肘は、「肘外側の骨のでっばりを押すと痛む」「コップを持ち上げるような動作ができない」といった症状です。首と肩などが関連してる場合は、腕に全体的な痛み、だるさ、しびれなどを伴うことが特徴です。

 痛む部位により、「外側型」「内側型」「後方型」の3つに分けられ、最も多い外側型の痛みは、バックハンドストロークやバックボレーのインパクト時、日常生活動作では、タオルを絞る時、ドアのノブを回す時などに生じます。重症の場合は、箸も持てません。

 私には無縁の故障だと思いがちですが、ある日、突然痛みを感じます。そのうち治るからと、対処が遅れて、痛みがひどくなる例が多いので、はやく専門家に相談して下さい。



参考までに、テニスを楽しんでいる方の、体験談を掲載してみました。
テニス肘体験談へ
上のアイコンをクリックしてください。



 一般の医療機関では、テニス肘に対して、肘の治療だけに目がいく場合が多いようですが、身体全体をトータルに診て、患者さんに合ったラケットの選択や、正しいフォームの指導など、スポーツ復帰への指導を含めた治療を行う必要があるのではないでしょうか。
 そのためには治療する側が、テニスというスポーツをよく知っていることが大切です。これはテニスに限らず、患者さんがスポーツ傷害の治療にかかる場合、重要な選択基準です。

 テニス人口が増加するなかで、できるだけ多くの人がテニス肘に悩まされることなく、テニスを長く楽しむためには、診療に当たる先生やコーチ、トレーナーが、プレーヤーに対し、テニス肘の予防について十分に啓発することが、最も重要だと思います。


- 右テニス肘 MRI -


〜テニス肘の危険因子〜

 テニスをプレイ中に、以下のことを気にしてみてください。ちょっとしたことですが、繰り返されることで、少しづつ体に負担となっています。

(図1:テニス肘発症の危険因子


ご自身の体に以下の傾向が見られませんか?

 肩を内側や上に回すと痛む、クリクリ音がする

 鎖骨真上の窪み(欠盆穴)を押すと痛む、腕がだるくなる

 肩甲骨間の痛み、悪い側を下にして寝ると痛みが強くなる

 肩及び腕全体が重くて痛む。

 肩こりがひどく背中が痛い、時に、偏頭痛を伴う

 手首や肘が、仕事の時間経過に伴い痺れたり、痛くなる

 何となく手や指に力が入りにくいような気がする





〜当院の治療と予防について〜
〜まず原因を探し、症状の悪化を防ぎましょう〜

発症のきかけが何であるか原因を探す
フォーム悪ければフォームの矯正
 ラケットが合わなければ自分にあったラケットに交換
ガットのテンションが強ければ弱めにする
 練習量や練習日の間隔を考慮する
年齢を考慮してプレイする

プレイ前の予防
上肢のストレッチは勿論、全身のストレッチを十分に行い全身の筋肉、腱をほぐしておく
プレイ中の予防(テニスエルボーグッズ)
テーピング(キネシオテープ貼り)
 エルボーバンド装着
ラケットに振動吸収材装着

プレイ後の予防
クールダウン(体操やストレッチで練習を終える習慣)
 プレイ後はアイシング(15分から20分)
入浴時に上肢のマッサージ



〜適切な治療とケア〜

 まず首と肩、背骨など全面的にチェックし、発病の根本と痛みある部分とを同時に治療します。また、その症状の程度に合わせた、運動やストレッチ、アイシング等を自宅でしていただきます。早期回復には、治療と共に日頃のケアも重要なのです。

急性期(痛めてから三週間以内)
症状によってはバックハンドの禁止、テニスの禁止もやむ得ず。

疼痛の激しい急性期には、局所の安静が必要です。日常生活に支障のある場合には、ギプスシーネによる固定など、安静度には差があります

急がば回れ。忍耐と勇気を持ってテニスを休むことが完治への近道です。適切な診断と早期の治療により、劇的に良くなるケースが多くみられます。
慢性期 (発症から一ヶ月以上)
肘関節や骨周辺への炎症の広がり(X-P写真参考)或いは、筋線維の部分的な断裂(MRI写真)などの合併症を発生すると、治療が長引くことが多くみられます。

当院では、鍼治療を中心に、超音波、干渉波、アイシング療法、テーピング療法などを用います。また、ストレッチや筋力増強訓練(自動運動、漸増抵抗運動、等尺運動性訓練)など、総合的な治療を行います。
 また、近年注目されている「メディセル筋膜療法」を導入する等、様々な症状に対応しています。

統計上では、単純な電気療法より、治療期間を約3分の1以上短縮できる実績があります。運動への復帰も治療をしながら、より早くすることができます。

しかし、一度完治したとしても、末永くテニス楽むためには、運動後のケアと、首、肩 の手入れを心を掛けることが大切です。

〜筋膜療法はスポーツ傷害の回復を早める!〜



ある方の症例

- 48歳 男性 会社員 -

 高校、大学とテニス(当時、肘を痛めたことがある)。2年半前に再びテニスを開始(週2日)。ゴルフ(コースへ週1日)
 1年前に右肩痛発症し、約1ヶ月半で改善。4ヶ月前に、テニスの練習中に急に右肘内側痛が発症、増悪。時々テニスの練習をしてみるが、痛みのためプレイの継続がつらく、最近は中止中。
 テニスを中止しつつ、治療開始。2回目のまでで治療で、やや痛みが改善していたが、接待ゴルフにより憎悪した。ゴルフもしばらく中止。
週3回、2週間の治療により、日常生活には支障はなくなるったので、3週目にテニスの練習を再開。練習前後のストレッチ指導と、練習後のアイシングを指導。
 ラケットにボールが当たる時に、多少の違和感を感じる程度で、プレイ可能。
 計10回の治療により、1ヶ月後には、テニス、ゴルフ共に支障なくプレイ中。

バック

ホームへ