パンダイラスト 祥泉針灸治療院の流れ

祥泉針灸整骨院トップへ
祥泉針灸整骨院トップへ


所在地と地図へ
施設内紹介へ
スタッフ紹介へ
治療の流れへ
当院の特徴へ

スポーツ障害へ
テニス肘へ
腰痛と坐骨神経へ
骨盤のゆがみ頚性神経筋症候群
マウス症候群へ
肩こりの原因へ
頭痛の治療へ
むちうち症へ
事故後の治療Q&Aへ
うつ病とパニック障害へ

花粉症の治療へ
禁煙


マモリスへ

レーザー照射療法へ
高濃度酸素療法へ
舌診についてへ
鍼って?へ

健康グッズ紹介へ

〜千葉県〜
新鎌ヶ谷院のページへ

スタッフ募集へ

リンク集へ

お問い合わせ
 診察方法


 祥泉針灸整骨院の治療は、患者さんの訴えを、西洋医学と東洋医学の2つの側面から診断し、治療方針を決定するところが特徴です。

 (レントゲン写真や、MRI、CTなどの画像がありましたら、参考になるので持参して下さい。)

 まず問診の上、触診、徒手検査などで、西洋医学的に病態を把握します。
 加えて、東洋医学的診断論を用いることが特徴です。東洋医学的診断とは、病名を導き出すための診断論ではありません。患者さんの身体が、現在どのような情況になっているのかを、患者さんの話を聞いたり、舌や脈の状態を診ることで、東洋医学独自の理論により分析していくことです。
 病院で血液検査やレントゲン撮影をして、異常がないと言われても、症状があるのであれば、どこかがおかしいのです。

 当院では、患者さんの身体を部分的、科学的に診る西洋医学と、全身的にとらえる東洋医学、両者の長所を生かし、また相互に補完しながら、様々な角度から患者さんの病態把握に努めています。

 治 療


 診察の後、鍼(はり)治療および、理学療法、電気療法を用いて治療がおこなわれます。特に整形外科疾患において、これら
の治療は非常に有効です。

 また、鍼治療は、肩こりや腰痛などの整形外科的な疾患ばかりでなく、多くの疾患、様々な体調不良(自律神経失調、花粉症、うつ、不眠など)にも効果をあげている伝統ある治療法です。※ 基本的には、鍼で治療をすることお薦めしていますが、どうしても鍼治療が苦手な方には、鍼以外の方法で治療を行います。


 




ホームへ