パンダイラスト
中国式棒体操
〜体のバランスを整える簡単エクササイズ〜



祥泉針灸整骨院トップへ
祥泉針灸整骨院トップへ


所在地と地図へ
施設内紹介へ
スタッフ紹介へ
治療の流れへ
当院の特徴へ

スポーツ障害へ
テニス肘へ
腰痛と坐骨神経へ
骨盤のゆがみ頚性神経筋症候群
マウス症候群へ
肩こりの原因へ
頭痛の治療へ
むちうち症へ
事故後の治療Q&Aへ
うつ病とパニック障害へ


花粉症の治療へ
禁煙


マモリスへ

レーザー照射療法へ
高濃度酸素療法へ
舌診についてへ
鍼って?へ

健康グッズ紹介へ

新鎌ヶ谷院のページへ

スタッフ募集へ

リンク集へ

お問い合わせ


 中国武術の一種“棍棒術”を発展させ、当院で独自にアレンジした治療のための運動法です。

 脊椎の構造的変化(首、肩、骨盤などのゆがみ)からおこる、色々な体の不調や痛みなどの諸症状の治療の一環として、また、再発の予防、各種スポーツのパフォーマンス向上効果ができます。

 この体操の特徴として、体操棒を利用して、体の軸を固定させ、軸を中心に左右対称上下同時に運動とストレッチを行なえることです。脊椎、肩甲骨周囲、骨盤、股関節周囲のインナーマッスルを同時に動かせることにより、身体左右のバランスが改善され、特に、骨盤と肩甲骨に対する矯正効果が大いに期待できます。

 根本的な治療への相乗効果は無論のこと、幅広く応用できます。治療分野以外では、運動能力の向上、パワーアップ、美容にも大いに期待できる体操です。

 
(基本形)ポーズA ポーズB

 基本的な方法は、ゆっくりと息を吐きながら、10〜30秒静止し、1〜3回を1セット、一日1〜3セット行います。

 例えば、ポーズAのように、軽く腰を落とし、顔は正面を向いたまま、可能なところまでゆっくり上半身をひねり、そのままの姿勢を維持します。
 ポーズBも、Aと同じように回旋させる体操です。

 いくつかの形があり、詳しくは、スタッフが1対1で指導いたします。

 何事も、継続が力なり!コツコツまめに行ってください。







ホームへ