パンダイラスト 無痛レーザーと酸素療法タイトル
祥泉針灸整骨院トップへ
祥泉針灸整骨院トップへ


所在地と地図へ
施設内紹介へ
スタッフ紹介へ
治療の流れへ
当院の特徴へ

スポーツ障害へ
テニス肘へ
腰痛と坐骨神経へ
骨盤のゆがみ頚性神経筋症候群
マウス症候群へ
肩こりの原因へ
頭痛の治療へ
むちうち症へ
事故後の治療Q&Aへ
うつ病とパニック障害へ


花粉症の治療へ
禁煙


マモリスへ

舌診についてへ
鍼って?へ

健康グッズ紹介へ

新鎌ヶ谷院のページへ

スタッフ募集へ

リンク集へ

お問い合わせ


 レーザー治療は、一般には外科的分野での使用が知られていますが、内科的な治療への応用も研究されています。中国では、ソフトレザー光線を咽喉部に照射する治療法が開発され、下記の疾患において特に高い治療効果を上げています。

 当院では、このレーザー咽喉照射療法をいち早く導入し、更に酸素吸入を併用することで高い治療成果を上げています。
 この治療法は、下図のようにペン型のレーザー照射器を、口にくわえ、鼻から酸素吸入をするだけで、全く痛みなどはありません。
 治療時間は約15分。
レーザー照射イメージ

酸素療法とレーザー照射によって改善する疾患

 慢性脳疲労による症状 
      (めまい、倦怠感、記憶力低下、不眠、イライラ、視力低下)
 偏頭痛  急性眼底血行障害  脳卒中、脳出血後遺症
 突発性難聴  メニエール氏病  円形性脱毛症
 神経衰弱  気管支喘息  睡眠時無呼吸症候群
 潰瘍性胃腸炎   糖尿病  狭心症
 にきび  妊娠中毒症  慢性歯槽膿漏

〜〜 その他、こんな方ににもお勧めします 〜〜

・活性酸素が気になる
・健康管理、免疫力の強化
・気力と集中力を増大させたい
・ボケの予防、記憶力の維持をしたい
・スタミナ、持久力をつけたい
・最近肥満が気になる
・肌の若さを保ちたい     etc



 レーザー治療は、まだ新しい医療分野です。その波長や色などの特性を利用して、外科、皮膚科、理学療法などの分野で広く利用されています。口腔粘膜部は人体の表面の毛細血管が最も薄く、また最も豊富な場所です。レーザー光線は、口腔粘膜と血管壁を透過し、毛細血管網中を流れる血液に照射されます。それにより血液が光化作用を起こし、血液中の細胞の活性化と様々な生理作用を起こすため、下記のような効果をあらわします。

・ 細胞内のAPT含有量の増加、新陳代謝を促進する。
・ ヘモグロビンの聚集性、変形性、酸素運搬能力の改善。
・ 血液の流動性と粘性の改善。
・ 唾液腺内のNGF(神経成長因子)増加により、脳細胞を活性化する。

 さらに、レーザー照射と同時に高濃度酸素を吸入すると、活性化したヘモグロビンは効果的に酸素と結合し、血液及び組織中の酸素含有量が大幅に増加するため、酸素供給の滞った組織の新陳代謝を促進し、治療効果は更に高まります。 また、レーザー光線は、この他にも咽喉部のリンパ系、唾液分泌系、神経系などにも刺激を与えて活性化させ、免疫力を増強し、疾患の治癒と健康回復を促進します。


ホームへ